一般社団法人くまもと21の会




      

    くまもと21の会

        第4回「キッズサミット 東松島市&熊本市」

                    11年08月05日




          8月5日〜8月8日の3泊4日で宮城県東松島市の特に被害の大きかった小学校4校の児童25名と熊本市内小学生25名の計50名で、「キッズサミット 東松島市&熊本市」{友情の木を植えよう}を 開催しました。
     東松島市の子どもたちが阿蘇くまもと空港に無事到着した時にはそれまでの過酷だった準備の事など忘れさせてくれるほどの感動で出迎えたスタッフは目頭を熱くしていました。
     初日は蒲島知事を表敬訪問し、熊本城内加藤神社に宿泊、翌朝幸山市長へ伝えるキッズサミットの課題(10年後の地球・日本・東松島市・熊本市・自分と友達へのメッセージ)をみんなで考えました。

     2日目は肥後ちょんかけごま体験・熊本城にてキッズサミット・熊本城見学、その後、場所を阿蘇に移し、カドリードミニオン・班対抗交流ゲーム大会・ミニコンサート・キャンドルナイトの締めは阿蘇の佐藤市長より差しいれのスイカをほうばりました。

     3日目はアスパラ刈り・記念植樹・乗馬体験・阿蘇火口見学など様々な体験をして、子どもたち同士溢れんばかりの笑顔で楽しい時を過ごしました。
    10年後の約束・絆
    メインイベントは、くまもと21の会が以前より管理する「21みどりの森」にて、友情の樹を植え、またキッズサミットで市長に提言したメッセージを入れた『夢の箱』を埋め、10年後に再びここで会うことを約束しました。
    最後の夜のお別れ会では、揃いの白Tシャツが真っ黒になるぐらい互いにメッセージを書きあって帰りの空港では、奇しき縁で知りった友達やスタッフとの別れを惜しみ、大人も子どもも抱き合って最後にもう一度感動を分かち合いました。
    ご協力いただきました方々のおかげで子ども達の素晴らし交流ができました事を心より御礼申し上げます。
     そして私たちは、彼らが描いた10年後の夢に向けて今日からその準備が始まりました。
          
        
        
      
    市長に10年後の夢が伝わりました
        
    初めてでも、うまく回せる子がいました
      
    パンくんにも会えました
        
    大人も一緒になっておおはしゃぎ!
      
    全員1人で乗りこなせました
        
    BBQには阿蘇市長より赤牛と五木村の方々よりヤマメ他沢山の差し入れいただきました
      
    勢い余ってシャツが無いところにもメッセージが!
        
    力いっぱい見送りました・が・
      
    東松島市教育委員会より引率の升田先生・下澤先生・近藤先生とDOYO組のお二人